サイトメニュー

作用機序を理解しておく

医者

治療効果や効果期間

ボトックス注射治療は美容整形術としてはまだ新しい治療方法ですが、今や全国の美容クリニックに広まり多くの方が施術されています。ボトックス注射治療は小顔効果やしわ改善以外に脚痩せと幅広い効果があります。小顔になる為の美容整形術は以前よりありましたが、メスを使用したり骨削りといった大掛かりな手術が必要でした。しかしボトックス注射治療では、注射するだけなので手術の必要なく小顔になれます。筋肉が発達している事でエラが張ったりし、顔が大きく見える際に最適な治療方法であり、筋肉に作用して自然と小さくしスリムにしてくれます。脚痩せも筋肉太りを改善する作用機序から効果的です。顔のしわができる要因には紫外線や乾燥以外に、これも筋肉の緊張がある事で現れます。表情筋によって人は様々な表情を作れるのですが、この筋肉が過度に緊張する事で、表情を作った事により皮膚が引っ張られたりその形状を記憶して小さなしわができるのです。緊張を緩和する効果がボトックスにはあり、それにより改善したり今後起こる表情じわを予防する事ができます。
ボトックス注射治療で使用される薬剤はボツリヌストキシンと言う天然のたんぱく質です。ボツリヌス菌から抽出したもので、筋肉を支配する神経に作用してその神経を麻痺させます。それによって注射された部位の筋肉は弛緩するので、過度な筋緊張は緩和するメカニズムになっています。筋肉は使用されなくなると当然小さくなっていき、それにより筋肉太りを改善する事ができます。普通に生活していても全身の筋肉を使用するので、特定の筋肉だけを小さくする事は非常に困難であり不可能と言えます。ボトックス注射はその狙った部位だけの筋肉の緊張を緩和する事ができるので、気になる部分を美容目的でスリムにする事ができます。この治療方法は永久的な効果はなく、平均で半年程の効果期間なので継続する為には定期的に治療を受ける必要があります。効果が切れてもすぐには元に戻りはしませんが、徐々に戻っていく事になります。また反対に効果が現れるのも施術後すぐではなく、1ヶ月程かけて徐々に安定していきます。その為美容クリニックでボトックス注射治療を受けたその日は、特に受ける前と変わりありません。1週間程で効果が実感できる様になってきます。

Copyright© 2019 毒素を逆手にとって美容効果を発揮させる注射とは All Rights Reserved.